1. >
  2. >
  3. 暑い夏も快適に過ごせるバイクグッズ

暑い夏も快適に過ごせるバイクグッズ

猛暑でも快適にバイクに乗れるグッズの特徴、機能

外気に体が露出をして走行するバイクでは、真夏の猛暑は非常に苦労の大きなものです。
さらに近年では排ガス規制が厳しくなった関係もあってバイク本体から多くの熱を逃がすしくみのバイクが多く、走行中のボディの加熱がかなり高くなっていたりします。

そうした猛暑の時期には必ず適度な水分を取得するとともに、早めに休憩をして木陰で十分に休んでから運転を再開するようにしましょう。
脱水症状が起こると意識がもうろうとしてきたり、著しく集中力が低下してしまうので大事故の原因になってしまいます。

その上でバイクの運転中のライダーの体を暑さから守るためのグッズを使うことがおすすめになります。
ライダーの体を守るためのウェアとしてはまず「サマーインナー」と言われる速乾性の高いウエアがあります。

サマーインナーは「体感温度を下げる下着」などといったキャッチフレーズで販売されていることが多い製品で、素早く汗を吸収し大気に放出してくれるため、体表面で気化熱が起こりかなり涼しく感じます。
サマーインナーの機能をより高めるためには、インナーの上に風通しのよいメッシュのジャケットを使ったりするのがおすすめです。

よく夏場になると暑さ対策のためにできるだけ服を脱いで走ろうとする人もいるのですが、肌の露出が大きい格好はその分直射日光を肌に受けることになるので体力を消耗し、熱中症の危険が大きくなってしまいます。

特に夏場のバイク本体はかなり加熱されるので、ハーフパンツのような肌が見える服を着用していると直射日光とエンジン熱によって異常高温になったボディを足に触れさせないといけなくなります。

下半身でしっかりボディを挟み込まないとバイクの重心がずれてしまい、カーブの運転が不安定になります。
むしろ肌をしっかり隠した方が体感温度は涼しくなるという研究もあるため、上手に汗を逃がすことができるウェア選びをしていきましょう。

ウエア以外にもできる夏の暑さ対策

バイクウエアを夏仕様にすることでライダーたちを暑い温度から守ることができますが、それだけでは防ぎきれない気温もあります。

ウエアの力を過信するのではなく、例えば夏場のツーリングではできるだけ避暑地のある高原地域を選ぶようにするなどルートを工夫することも大切な対策となります。

ロングツーリングをするのであれば、最も気温が高まる午後に集中コースを走るのではなく朝方や夕方など人のあまり行かない時間帯を狙ってみる効果的な暑さ対策となります。

また夏場に運転をしているとすぐにものを飲むことができないので、あらかじめハイドレーションをリュックに入れておくなどすぐに飲める水を用意しておくことも大切です。